​企業法務(会社経営)・企業顧問

一般企業法務・中小企業オーナーの経営支援

中小企業は,その多くが創業者やオーナー経営者の強力な個性やリーダーシップの下で経営されています。オーナー経営者の個性やリーダーシップは企業の経営が順調なときは有効に機能しても,変革期においては,過去の成功体験がむしろマイナスに働き,臨機応変,柔軟な方針変更,意思決定を害してしまうケースが後を絶ちません。大企業と比べて経営資源に厳しい制約がある中小企業オーナー様のために,専門弁護士が合理的な企業組織再編(制度設計),業務プロセスの効率化,後継者育成及び事業承継のための仕組み作りをお手伝いいたします。

DSC04938_edited.jpg
DSC05089.JPG

労務問題に関するご相談

賃金の支払いを巡る労使紛争,労災事故,社内不祥事,セクハラ・パワハラ問題への対応,就業規則等の各種規定の作成,従業員を対象とする教育,各種セミナーの実施をはじめとする労働法務・労使関係に関するアドバイスを行います。

企業間取引・契約書作成

商品やサービスに販売について,商社や流通業者,納入業者に取引条件を委ねている場合には,低価格競争を余儀なくされ,適正な利潤を確保することができません。ITや流通システムの発達により,生産,流通,販売の各段階を統合することにより,商品とサービスの差別化を進め,販売力を強化することが可能です。売買・賃貸(リース),投資,業務提携・請負,商品取引,ファイナンスのための各種スキーム等,経営資源の生産性を高め,経営リスクを適正に管理するための各種スキームの提案その他の法的アドバイス,契約書面の作成について,弁護士が貴社をバックアップします。

DSC04432.JPG
DSC04692.JPG

会社経営上のトラブルへの対応

会社の経営責任の追及,取引関係に関するトラブルやその他事業を巡る各種リスク(不正競争,ネット上の誹謗中傷・クレーマー対策,内部不祥事,個人情報漏洩)についても,各業者様の実情に応じた合理的な対応方法を迅速に提供いたします。さらに事業経営上の紛争・トラブルに対しても専門弁護士が迅速に対応いたします。

円滑な事業承継の実施

事業承継における重要課題は,「会社経営」のスムーズな承継と事業の継続であり,「経営」の承継とその法的な表現である「経営権(株式)」の承継によって実現されます。 特に,相続によって経営(権)の承継が発生する場合について,経営(権)の円滑な承継を図ることを目的として,親族間の遺産分割の方針に含まれる株式の移転スキームの策定が重要です。こうした株式移転のスキームと共に,後継トップの経営センス(能力)の向上や会社幹部や従業員からの信頼獲得と,次世代オーナーのための経営理念の再構築と新たな経営戦略の策定を弁護士がバックアップいたします。

1H0A1855_1.jpg
1H0A1931.JPG

後継者育成

経営トップの個性やリーダーシップが強い企業ほど,いざリーダーの引退が現実問題になったとき,「後継者が育っていない」という悩みがあると聞きます。そうしたトップの下では,いきおい,社内の人材はトップに依存し,おんぶにだっことなり,あるいは,「イエスマン」の集団となり,次世代の経営を担う人材が育ちにくくなるからです。 経営トップの最重要職務は,スムーズな世代交代を実現するために早くから後継者を育成することと言っても過言ではありません。次世代の経営者の育成は,「経営センス」を持った人材を育てることに他なりません。個々の業務に精通した人材といえども,それとは性格の異なる経験,能力が要求される会社全体の舵取りである経営には対処できません。