旭川・稚内の弁護士・経営相談・法律相談【北の杜法律事務所】

農協に対する独占禁止法の適用除外の例外

連合会による単位農協に対する問題行為

▶ 例えば,連合会が単位農協に対して,単位農協が一部の生産資材を連合会から購入する際に,単位農協が連合会の購買事業を利用せずに購入したいと考えている生産資材についても購買事業を利用させる行為は,不公正な取引方法に該当し違法となるおそれがあります(一般指定第10項(抱き合わせ販売等),第11項(排他条件付取引)又は第12項(拘束条件付取引))。【連合会が単位農協に対して購買事業の利用を強制する行為】

▶また,例えば,連合会が単位農協に対して,購買事業を利用させるべく,正当な理由がないのに生産資材をその供給に要する費用を著しく下回る対価で継続して供給し,競合する商系事業者の事業活動を困難にさせるおそれがある行為は,不公正な取引方法に該当し違法となるおそれがあります(独占禁止法第2条第9項第3号又は一般指定第6項(不当廉売))。

連合会又は単位農協による販売先に対する問題行為

▶単位農協の中には,管内において生産される農畜産物を原料として加工業者に販売し,当該加工業者が製品を製造,販売している場合があります。管内の加工業者に対する農畜産物の供給の大半を占めている単位農協が,加工業者に対して,自己の販売事業と競合する事業者と取引しないことを条件とする場合には,加工業者の自由かつ自主的な取引が阻害されるとともに,競争事業者が加工業者と取引をする機会が減少することになります。例えば,単位農協が販売先に対して,自己の販売事業と競合する事業者と取引しないことを条件とする行為は,不公正な取引方法に該当し違法となるおそれがあります(一般指定第10項(抱き合わせ販売等),第11項(排他条件付取引)又は第12項(拘束条件付取引))。【単位農協の販売先の事業活動に対する不当な拘束】

▶連合会は,農畜産物を加工業者に販売し,その加工業者が当該連合会ブランドの製品を製造,販売している場合があります。こうした場合において,連合会が加工業者に対し,自己ブランドの製品の販売価格を指示し,これを条件として取引を行うときには,これによって価格が維持されるおそれがあることから,自己ブランド製品であっても,例えば,連合会が加工業者に対して,当該加工業者が製造し,販売する連合会のブランド製品の販売価格を指示し,これを遵守させる行為は,商標法による権利の行使とみられるものではなく,不公正な取引方法に該当し原則として違法となります(一般指定第12項(拘束条件付取引))。【連合会の販売先に対する販売価格の拘束】

連合会又は単位農協による仕入先に対する問題行為

▶単位農協が仕入先に対して,単位農協以外へ販売することを禁止し,又は,単位農協以外へ販売する際に自己の承諾を要求する行為や,連合会が仕入先に対して,連合会以外へ販売することを禁止し,又は,連合会以外へ販売する際に自己の承諾を要求する行為は,不公正な取引方法に該当し違法となるおそれがあります(一般指定第2項(その他の取引拒絶),第10項(抱き合わせ販売等),第11項(排他条件付取引)又は第12項(拘束条件付取引))。また,例えば,連合会又は単位農協が仕入先に対して,仕入先が系統以外に販売する際に,連合会又は単位農協が販売する価格を下回らない価格で販売するようにさせる行為は,不公正な取引方法に該当し違法となるおそれがあります(一般指定第12項(拘束条件付取引))。【仕入先の事業活動に対する不当な拘束等】

▶連合会又は単位農協が自己と継続的な取引関係にある仕入先に対して,取引上の地位が相手方に優越していることを利用して,正常な商慣習に照らして不当に,自己のために金銭・役務等の経済的利益を提供させること,又は,自己又は自己の指定する事業者の販売する商品又は役務を購入させることは,当該仕入先の自由かつ自主的な判断による取引を阻害するとともに,当該仕入先はその競争者との関係において競争上不利となる一方で,当該連合会又は単位農協はその競争者との関係において競争上有利となるおそれがあります。例えば,連合会又は単位農協が自己と継続的な取引関係にある仕入先に対して,取引上の地位が相手方に優越していることを利用して,自己のために金銭等の経済的利益の提供を要請する行為や,連合会又は単位農協が自己と継続的な取引関係にある仕入先に対して,取引上の地位が相手方に優越していることを利用して,自己又は自己の指定する事業者の販売する商品又は役務を購入させる行為は,不公正な取引方法に該当し違法となるおそれがあります(独占禁止法第2条第9項第5号(優越的地位の濫用))。【仕入先に対する優越的地位の濫用】

単位農協による組合員に対する問題行為

購買事業に関する問題行為

▶単位農協が組合員に対して,組合員が購買事業を利用する際に,全量又は一定の割合・数量以上について購買事業の利用を条件とする行為や,単位農協が組合員に対して,組合員が購買事業を利用する際に,購買事業を利用せずに購入したいとその組合員が考えている品目についても購買事業の利用を条件とする行為は,不公正な取引方法に該当し違法となるおそれがあります(一般指定第10項(抱き合わせ販売等),第11項(排他条件付取引)又は第12項(拘束条件付取引))。【購買事業の利用に当たって単位農協の競争事業者との取引を制限する行為】

▶単位農協が組合員に対して,組合員が共同利用施設を利用する際に,その組合員が農畜産物の生産に必要とする生産資材の全量又は一定の割合・数量以上について購買事業を利用することを条件とする行為は,不公正な取引方法に該当し違法となるおそれがあります(一般指定第10項(抱き合わせ販売等),第11項(排他条件付取引)又は第12項(拘束条件付取引))【共同利用施設の利用に当たって購買事業の利用を強制する行為】

▶単位農協が組合員に対して,組合員が信用事業を利用する際に,その組合員が農畜産物の生産に必要とする生産資材の全量又は一定の割合・数量以上について購買事業を利用することを条件とする行為は,不公正な取引方法に該当し違法となるおそれがあります(一般指定第10項(抱き合わせ販売等),第11項(排他条件付取引)又は第12項(拘束条件付取引))。【信用事業の利用に当たって購買事業の利用を強制する行為】

▶単位農協が組合員に対して,組合員が販売事業を利用する際に,その組合員が農畜産物の生産に必要とする生産資材の全量又は一定の割合・数量以上について購買事業を利用することを条件とする行為は,不公正な取引方法に該当し違法となるおそれがある(一般指定第10項(抱き合わせ販売等),第11項(排他条件付取引)又は第12項(拘束条件付取引))。【販売事業の利用に当たって購買事業の利用を強制する行為】

販売事業に関する問題行為

▶単位農協が組合員に対して,組合員が販売事業を利用する際に,全量又は一定の割合・数量以上について販売事業の利用を条件とする行為や,単位農協が組合員に対して,組合員が販売事業を利用する際に,販売事業を利用せずに販売したいとその組合員が考えている品目についても販売事業の利用を条件とする行為は,不公正な取引方法に該当し違法となるおそれがあります(一般指定第10項(抱き合わせ販売等),第11項(排他条件付取引)又は第12項(拘束条件付取引))。【販売事業の利用に当たって単位農協の競争事業者との取引を制限する行為】

▶単位農協が組合員に対して,組合員が共同利用施設を利用する際に,販売事業の利用を条件とする行為は,不公正な取引方法に該当し違法となるおそれがある(一般指定第10項(抱き合わせ販売等),第11項(排他条件付取引)又は第12項(拘束条件付取引))【共同利用施設の利用に当たって販売事業の利用を強制する行為】。

▶単位農協が組合員に対して,組合員が信用事業を利用する際に,販売事業の利用を条件とする行為は,不公正な取引方法に該当し違法となるおそれがあります(一般指定第10項(抱き合わせ販売等),第11項(排他条件付取引)又は第12項(拘束条件付取引))。