旭川・稚内の弁護士・経営相談・法律相談【北の杜法律事務所】

後見人・高齢者の財産管理に関するご相談

成年後見・任意後見/旭川・稚内

認知症,知的障害,精神障害等により判断能力が不十分な方は,家庭裁判所の成年後見の手続を利用できます。成年後見の手続(後見開始の審判,保佐開始の審判,補助開始の審判)により,成年後見人等が選任されることになりますが,成年後見人等は,ご本人の気持ちを尊重し,かつ本人の心身の状態や生活状況に配慮しながら,契約などを代理し,財産を管理する任務を遂行します。 任意後見制度は、ご本人が契約の締結に必要な判断能力を有していることを前提に,将来自己の判断能力が不十分になったときの後見事務の内容と後見する者(任意後見人といいます)を,事前の契約によって決めておく制度であり,これを任意後見契約といいます(任意後見契約は公正証書によって作成する必要があります)。

高齢者の財産管理(財産管理契約の締結)/旭川・稚内

こうしたご自身の判断能力に問題(減退)が生じる状況になくても,民法上の委任契約に規定に基づき,ご自身の財産の管理やその他の生活上の事務の全部または一部について,代理権を与える者を選んで具体的な管理内容を決めて委任する契約形態(財産管理委任契約)もありますので,個々のニーズに従って選択頂くことが可能です。